自分の加齢臭が気になる時には職場でどう思われているのかが気になります。自分は座っている時に相手が立っているのであれば、自分の頭が一番相手の近くにありますので、そういう臭いを感じやすくなります。それが原因で人間関係にひびが入るというのはぜひとも避けたいところです。

汗を流すお風呂の時間に気をつける

風呂で体を洗ってからそういう臭いを防止することができるのは約12時間がいいところです。そうであるならば、朝にそういう臭いを洗い流すようにすればいいということになります。例えば退社時間が午後7時ぐらいであれば、朝7時ぐらいにしっかりと洗い流します。

朝に風呂に入るのが厳しいという人は、せめて顔の対策だけはしっかりとしておいたほうがいいでしょう。朝にメンズコスメの洗顔フォームでしっかりと洗って、保湿をします。ポイントとしてはきちんと保湿をするところにあり、化粧水をつけて皮脂が浮き出ないようにします。携帯用の洗顔フォームを持ち歩けば昼休みにも洗顔をすることができるでしょう。それができるのであれば対策で着る時間が伸びますので効果がさらに出てきます。

日頃からの習慣や皮脂の酸化に気をつける

皮脂が分泌されるのは仕方がないのですが、皮脂の酸化をなるべく抑えるということが重要です。そのためには抗酸化力を付けていくしかありません。抗酸化力を付けるためには、心身のストレスコントロールを行うことです。夜更かしや不規則な生活、乱れた食生活、喫煙習慣というのは体内に大量の活性酸素が発生しますので、皮脂の酸化につながってきます。そうなると加齢臭がひどくなってしまいます。

心身のストレスコントロールをすることが難しいのであれば、抗酸化作用があるビタミンCを摂取する必要があります。ビタミンCが含まれている野菜や果物を摂取するのもいいですし、サプリメントで補うのもいいでしょう。

職場では自ら気をつけるようにする

職場にいる時は自分から体臭に気をつけていきしょう。気をつけるポイントは、体を洗ってからの時間と日頃からの習慣です。前者についてはすぐにできることで、後者に関して普段の生活習慣から気をつけることです。