加齢臭と言うとおじさんのイメージがありますが、実は生活習慣の変化によって女性のもそういう臭いをする人がいることが分かってきました。

男性はだんだん年を重ねるにつれて皮脂の分泌が減少して、そういう臭いを発することも少なくなるのですが、女性は閉経後に女性ホルモンが無くなってくるとさらにそういう臭いを発するようになってきます。なぜ、女性でそういう臭いを発するようになってきているのでしょうか。

なぜ女性は加齢臭が目立たないのか?

加齢臭は皮脂腺から分泌される脂肪酸と過酸化脂質が結びついて酸化分解されて発生するものです。女性の皮脂腺は同世代男性に比べて活動が緩やかで、女性ホルモンが皮脂の酸化を抑えてくれるために、そういうものが臭いにくいという側面があります。それに活性酸素の発生が男性よりも少ないために、原因物質である過酸化脂質の量も少ないです。

女性は何歳から臭うようになるのか?

男性の場合は40代から中高年独特の体臭が出るわけですが、女性の場合は閉経後に女性ホルモンが無くなってきた50代からそういう体臭が出てきやすくなります。男性に比べて5年から10年遅れで臭うようになってきます。女性ホルモンの減少だけでなく、加齢、肥満、喫煙、飲酒などが絡んでいくと独特の体臭がすることがあります。

男性の場合は60代以降になると独特の臭いが弱まる傾向にありますが、女性の場合は女性ホルモンが減少する一方で、皮脂腺の抑制が効かなくなるために、右肩上がりで臭いがきつくなりがちです。女性のほうが臭いがきつく期間が長いというのが特徴です。

女性ホルモンを活性化させることで加齢臭対策になる

女性ホルモンを活性化すれば減少分を食い止めることができます。具体的には、植物性タンパク質を取るようにすればいいですし、漢方薬やハーブを利用するのもいいですし、ホルモン補充療法を受けるのもいいでしょう。どんな方法にしても女性ホルモンを活性化させることが重要です。

女性でも独特の臭いに悩んでいる人は多いです。特に50代を過ぎて閉経後に女性ホルモンが減少して来てからは注意をした方がいいでしょう。具体的には女性ホルモンを補うというような観点が必要になります。