加齢臭というのは中高年特有の体臭のことを言い、大手化粧品メーカーが名称を付けたものです。この言葉を聞くと中年男性だけのように思うかもしれませんが、女性でも起こります。

女性の方が男性よりも臭いに敏感で、清潔に気を配っているからあまり起こっていないように見えますが、女性でも確実にあります。

加齢臭の原因はノネナールと呼ばれる物質だった!

この中高年独特の体臭というのはどういう臭いなのかと言うと、チーズや古本の様な臭いがするようです。この臭いについては若い人たちの体臭からはほとんどしなくて、中高年独特の体臭ということが言えます。この臭いの原因というのはノネナールと呼ばれる物質からなります。ノネナールとは脂肪酸と過酸化脂質の分泌によってできる不飽和アルデヒドの一種です。

40歳を超えたころから酸化に対して抑制していく力が低下していき、次第に脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増えていきます。それに伴って体臭成分に当たるノネナールが急増していき、そういう中高年独特の体臭が出てくるわけです。ノネナールは若年層からは出ていませんので、中高年独特のにおいの元となるのがこの物質です。

女性の場合でも男性と同じように中高年独特の体臭は出るわけですが、男性に比べるとノネナールの発生は少ないです。その理由としては女性ホルモンによって守られているために、そのことが酸化に対する抑制をしているからです。更年期を過ぎて閉経後は中年男性と同じような状態になりますので、そういう体臭が出てくる可能性はあります。

脂肪分やアルコールが好きで、仕事に追われて運動不足になり、ストレスも多く抱えているというような不摂生な生活を続けていると、それだけ皮脂腺にも脂肪分が増えてノネナールの分泌量が増えていきます。不摂生な生活を続けていると生活習慣病になりやすいですし、ノネナールの分泌量も多くなり、中高年独特の体臭が出てきやすいです。別の言い方をすると、急にそういう体臭が出ているのであれば、もしかすると生活習慣病ではないかという風に疑うことも可能です。

欧米人に比べて日本人は体臭が少ないという風に言われていました。これは低脂肪で植物性食品、食物繊維を多くとっていたからであって、最近は高タンパク質で高脂肪な食事になり、ある意味で食の欧米化が進んだため、酸化がより一層進ませることになります。酸化がより進めば、体内で処理しきれなくなりますので、臭いを発生することにもなりかねません。

ストレスを溜めてしまうと活性酸素が大量に増えてしまいます。普段であれば活性酸素を除去してくれるのですが、ストレスを溜めれば溜めるほど増えてしまいますので、それに伴い過酸化脂質も増えてしまいます。過酸化脂質が増えてしまうと脂肪酸と結びついて、ノネナールの分泌量が増えてしまうわけです。

ノネナールを減らし中高年の皮膚バリアを取り戻す

中高年独特の体臭を減らすためにはノネナールを減らす方向に行かなければいけません。それを減らすためには抗酸化作用のある食べ物を積極的に摂りましょう。ビタミンCやE、ポリフェノール、ベータカロチン、カテキン、イソフラボンと言った成分にも抗酸化物質があります。

中高年独特の臭いはどこから出るのかと言うと、皮脂が酸化した臭いであるために皮脂の分泌が多い部位で発生します。一番の対策となるのは清潔さを保つことにあります。しかし、清潔さを保つために皮脂を洗い流しすぎるのはまた問題です。適度であればいいのですが、洗い流しすぎると皮脂が本来持っている皮膚のバリア機能を失ってしまい、乾燥肌になってしまいますので、十分気をつけた方がいいでしょう。

朝と晩に関しては皮脂の分泌が多い頭部と顔、体を洗い流す必要があります。日中にしても顔や額はウェットティッシュなどでふき取るだけでも全然違ってきます。体に関しては汗臭くなった際に新しい衣類に着替えるといいでしょう。やりすぎるのではなく、不快な臭いを防いだりすることに力を注ぎます。

対策の一つとして香水とコロンを使いたくなるかもしれませんが、きちんと清潔にしていない中で使用してしまうと、香料と入り混じってしまいかえって不快な臭いをを発することになりますので、無臭状態でうまく使用して、ほのかに香るようにするのが一番いいでしょう。

抗酸化作用のある食べ物を摂取して清潔に保つ

加齢臭の臭いの元というのはノネナールと呼ばれる物質からなります。ノネナールは生活が不摂生であれば増加する可能性がありますので、それを抑える方向で行く必要があります。抑えるためには抗酸化作用のある食べ物を取ったり、清潔にする努力が必要です。